包茎手術の失敗や治療のトラブルは、少なからず存在します。
これは包茎の分野に関わらず、現在の医学では成功率100%という病院やありませんよね。

現在の包茎治療・手術を行ってくれるのは以下の通りです。

  • 整形外科・形成外科
  • 総合病院・大学病院の泌尿器科
  • 包茎専門クリニック

この中で、包茎手術に失敗する事例数が多いのは
実は「整形外科・形成外科・一般泌尿器科」なんです。

知っていましたか?

失敗例としては手術の傷跡・手術痕がくっきり見えている事が多いようです。

この状況が生まれるのは何故でしょうか?

包茎治療によるトラブル事例の種類と傾向

失敗事例・トラブルには病院泌尿器科・形成外科・包茎クリニックでも以下に分類されます。

  • ツートンカラーになってしまった
  • 傷跡が残ってしまった
  • 時間が経過してまた皮をかぶってしまった
  • 勃起時に何か違和感がある・勃起障害がある

元々、難易度の高いオペではないですが、少ない確率で上記のような失敗事例が存在します。
 

また失敗例としてオペ中・手術後に違和感や症状が出る内容はこのように分類されます。

包茎手術中の失敗・トラブル

  • 裏スジが切断されてしまった
  • ペリカン変形になってしまった
  • 皮を切りすぎてしまった

包茎手術後の失敗・トラブル

  • 排尿障害が起きるようになった。
  • 勃起障害や重篤な2次障害がある

このように実は包茎手術に関する失敗・トラブル・リスクは少なからず存在しています。

多くの方が手術後に後悔するのは「この失敗例」がほとんど

「包茎手術して失敗した」という方の9割5分以上の方は、「ある事」に怒っています。

包茎治療を望む方は、単に包皮を切ればよいという訳ではありません。

大事なのは「包茎手術を行った事が他人にばれない事!」

この1点に尽きます!
 

現在の包茎手術の技術は進んでいます。手術する事自体は、難しくありません。

神経を傷つける・陰茎が機能しなくなるという重篤な事例はまずないです。
技術水準が上がった現在は、ほとんど聞かれなくなりました。
よっぽど悪質なクリニックや、経験のない下手な先生が担当しないとありえない内容です。

(冒頭でもお伝えしましたが、世の中100%安全という事はありません)

では当サイトでお伝えする「失敗」の多くの事例は
「傷跡が残る」「手術痕が目立ってしまう」という失敗例です。

 

ではなぜ傷跡が残るような失敗事例が生まれてしまうの?

一般病院や形成外科・整形外科の悪質なドクター。
(※全てのドクターではありません。)
または悪質な包茎クリニックや先生に多くある傾向です。

当サイトで情報収集した結果、原因は以下にあるようです。

包茎に悩む人の気持ちに寄り添わないドクター

最も多いのがこのタイプの傾向。

一般病院や形成外科では、基本的に事例が少なく・包茎手術を重要視していないのか?

 
実際に包茎手術を受けに来る人は真剣です。

患者さんは人生を変えるくらいの意気込みでカウンセリングや手術を受けに来ます。
しかし手術担当のドクターは、難易度の低い数多くの手術の一つに思うかもしれないですね。

実際に外科ドクターであれば、包茎手術は命に関係のない局所麻酔の一つという程度で考えている先生が多いとは思います。

 
だから一般病院や形成外科の「心ない」ドクターや悪質な包茎クリニックのドクターでは

診察からカウンセリング・オペ・アフターケアが専門クリニックに比べて「全てが雑」という事を少なからず聞きます。

他人に見つかりやすい部位にメスを入れてしまう

という所に関連するのか、陰茎のメスを入れる場所に「配慮」がありません。

上野クリニックやabcクリニックのような大手包茎クリニックの良い先生の場合、
包茎手術を行った痕跡が他人に解らないように、陰茎の亀頭の裏側の目立たない部分にしっかりメスを入れます。
ちょっとの違いですが大きな差が生まれます。

手術の傷が目立たないように、配慮してギリギリのところにメスを入れてくれます。

患者さんの事をあまり考えないドクターの場合は、ギリギリの所でメスを入れないので、傷跡が目立ちやすくなって包茎手術をした事が他人には解りやすくなってしまうんですね。
 

「メスを入れる場所によって手術後の傷跡が目立つ」という事を患者さんの立場に立って配慮してくれるか?という事を見極める必要があるんです。

「失敗しないようにきちんと専門の包茎クリニックを選ぶ」
これから包茎手術を検討している方は考える必要があるんです!
 

大手の包茎クリニックが安心!?

やはり包茎手術を行って失敗されるのが一番怖いです。
気軽に友達や家族にも相談できない部分ですので、どこに手術に行くか?
考えれば考えるほど、答えを出せず孤独に迷路に迷い込むでしょう。

そんな時は大手の包茎専門クリニックがお勧めです。

男性特有の悩みに対応するクリニック

男性用の包茎や亀頭増大や長茎・早漏防止などを専門に行っているクリニックがあるんです。
有名な包茎クリニックでは下記でしょうか?

  • 上野クリニック
  • ABCクリニック
  • 東京ノーストクリニック
  • 本田ヒルズタワークリニック

包茎手術を始め、さまざまな男性の身体の悩みを治療を行っている専門クリニックですね。

一般形成外科や泌尿器とは比べ物にならない包茎手術の症例数です。

 

経験豊富で、あらゆる包茎の種類の治療を行っている事でしょう。

  • 上野クリニックは累計22万人以上の方を包茎治療
  • ABCクリニックは急成長のクリニックとして、修正治療が3800件以上
  • 東京ノーストクリニックは開院25年の老舗
  • 本田ヒルズタワークリニックの院長はメディアにも露出されるほど有名

だから下記の部分で安心感がまるで違います

  • 患者さんの立場になってカウンセリング・診察をしてくれる
  • 手術数が段違いに多く経験豊富!
  • 傷跡の場所や手術法など配慮が違う!
  • スタッフが男性のみ。恥ずかしくない
  • アフターケアも充実しているので安心感が違う

一番は包茎に悩む人の立場になって治療してくれる事ですね。

本当に専門クリニックは「患者さんの立場に立っている」この部分が違います!
情報収集しても、専門クリニックは違うな~というのが一番の感想でした。
 

もし詳しく知りたい方は、下記よりメール相談かオンライン予約を行ってみると良いですね。

迷っているであれば、専門家に相談してみましょう。

上野クリニック

まず自分の陰茎の状態をきちんと「客観的」「専門家」に診断してもらいましょう。

手術の必要はあるのか?どんな治療法があるのか?日常生活に支障があるのか?
自分一人で悩んでないで、「相談」してみると良いでしょう。

→クリックして専門家に相談してみる。
 

すでに包茎手術に失敗した方も落ち込まないで!

現在は修正治療・再手術という手があります。

包茎専門クリニックの中でも、高い技術を持つ医師が在籍するクリニックもあります。

もしどこかで包茎手術・治療を行ったが失敗して落ち込んでいるのでしたら、修正治療を試みてはいかがでしょうか?

包茎治療専門のクリニックが選ばれる理由は?

修正治療も専門の包茎クリニックだけではなく、実は一般的な泌尿器科でも受けられます。

でも「どちらで治療を受けたいか?」やはり包茎クリニックを選択する男性が多いでしょう。
その中で最も大きな理由としては「見た目」の問題があります。
 

専門クリニックの傷跡を目立たせない努力・配慮

一度包茎手術を行って失敗した後の修正は、通常よりも難易度が増します。
失敗する確率がグンと上がってしまうんです。

一応、泌尿器科でも包茎修正治療を行ってくれますよ。
ただ見た目と言うよりは実用性の面で考えた手術を行っているそうです。

しかし包茎専門クリニックでは安全面だけではなく、見た目の仕上がりが自然になるようにと日夜工夫を凝らしています。

修正治療もいかに傷跡が残らず包茎手術を行った事がばれないか?が本当は大事です。

年間の包茎手術件数が段違い

もう1つ大きな理由として、大手の包茎治療専門クリニックは患者数も多いので医師が経験を積んだりスキルアップをするための環境が整っていることです。

数をこなせばやはり上手になる、コツがつかめる、患者さんの気持ちに共感できる点です。
失敗なんて限りなく0に近くなりますし、傷跡を残すようなヘマは行いません。
 

何度も書きますが、包茎手術失敗はリスクがゼロではありませんので、やはり高い技術力や豊富な経験を持つ執刀医に行ってもらうのが良いでしょう。

特に再手術・修正治療は失敗の確立が高くなります!
 

最近では専門クリニックの中にも実績や手術件数を掲載するところも増えていますので、判断材料の一部にすることができます。

以下のクリニックで修正手術・再手術を実施しています。

修正治療・再手術が上手な包茎クリニック

上野クリニック

上野クリニック

包茎クリニックの老舗として20数年の治療実績と累計20万人以上の方を持つ日本で一番有名な包茎クリニック。
修正治療に関する無料相談・カウンセリングも実施。

 

ABCクリニック

abcクリニック

最近急上昇中の包茎クリニック。他の病院からの修正治療数が昨年3869件という脅威の数字で多くの方がABCクリニックで再手術を受けている様子です。