手術の失敗相談

包茎治療専門クリニックの中には、万が一手術に失敗した場合のアフターケアを準備している包茎クリニックもあります。

しかし逆に手術の失敗を相談しても断られてしまうケースも少なくありません。
もし相談したい場合はどう対処すれば良いのかを考えてみましょう。

手術後のアフターケアの内容をきちんと確認しよう

包茎手術で失敗をした場合、まず相談するのが手術した包茎クリニックです。
多くの包茎クリニックが失敗した場合のアフターケアしてくれ、相手にされないと勝手に相談を諦めないことが重要です。

ここで1つ問題なのが、どこまで責任とってくれるのか?

明らかにクリニック側のミスで起こった失敗と分かる事例であれば、相談時に無料で再手術してくれる可能性が高いです。

ですがクリニック側のミスと言い切れないケースは、相談をしても断られてしまうはずです。

失敗しないために事前に相談する事が必須

結果、契約後トラブルになることも多いので、事前に相談内容を確認しておきましょう。

アフターケアでも各包茎クリニックで様々で、相談内容・失敗を具体例を出して確認してください。

この時に口約束だけでなく、担当スタッフの名前を明記してもらい一筆もらうのがポイント。

仮に署名を嫌がったら他のクリニックを視野にいれるべきです。
既に契約をし手術も終わっているのなら、国民生活センターに相談をしてください。

クリニック側に問題があると判断された場合、国民生活センターが仲介者となって話を進めてくれます。

失敗を修正する手術までのフォローはしてくれませんが、相談できて味方になってくれる機関は魅力です。

包茎手術の失敗は他のクリニックでも取り返せる?

包茎手術の失敗を相談しても断られた場合、どうするのかを考えます。
国民生活センターに相談する方法もあるのですが再手術などは望めません。
そこで失敗を取り返さないために、他のクリニックで修正手術を行うのも選択肢の1つです。

残念ではあるのですが、近年では悪質なクリニックも多くなり、再手術を望む人も増えています。

修正治療や再手術の実績のあるクリニックもあります

そうした包茎手術の失敗と相談できない状況に応えるように、技術力の高いクリニックは修正手術に力を入れています。

他院で失敗してしまった傷口の修正するには、どうしても高い技術力が必要になるので料金的には高めになります。

しかし今後一生その傷口と付き合っていくことを考えれば、それだけの料金を支払う意味はあるはずです。