包茎クリニックの値段のつり上げ

包茎クリニックの中には格安の値段で手術を謳っている病院も多いです。
一昔前の金額・値段よりは包茎治療費は安くなってきました。

しかし相場とは別に悪質なケースで、一部のクリニックでは途中で手術費用を釣り上げてしまう事例も。

もし治療費を吊り上げられた場合に、患者さんはどのように対処すべきなのか知っておかなければ、法外な値段を請求・支払いすることになりかねません。

実際に包茎手術費用を釣り上げられる事例があるのか?調べてみました。

値段を釣り上げられることのは本当?

包茎治療を受ける場合、基本的に保険適用の治療か、自由診療での治療の選択肢です。
症状の程度によって

  • 保険内適用になるのか?
  • それとも保険が使えないのか?

先生との診察の中で決定されるのが普通です。
その際に一般的な優良包茎クリニックでは、治療費を手術前に見積りしてくれます。

保険適用の場合

真性包茎及びカントン包茎のみという条件はつきますが、健康保険が適用されますので値段が釣り上げられることはないです。

基本的に保険適用になると、治療内容によって治療費も決まってきます。

値段を吊り上げる・悪質な料金の請求を考えるのであれば、無駄な検査を行ったり、不要なお薬を処方したりという所が主流か思います。

保険適用内で気を付ける事は、手術方法・治療内容を把握する事!

考えられるのは、聞いていた手術内容と違うという事がないように、手術前にきちんと下記を内容と金額を把握する事

  • どんな包茎手術法なのか?
  • 糸はどんな種類を使うの?
  • 麻酔はどんな種類なの?
  • どこまでが保険を使えるの?

この内容を手術前に把握しておけば基本的には大丈夫でしょう。

自由診療の場合

問題なのは後者のパターンで自由診療の場合です。
医療機関側が治療内容に対する価格設定をする事ができるのです。

保険が使える場合は、手術に必要な麻酔薬や手術糸、治療方法に必要な器具や工程によって国で定めらた保険点数を元に医療行為を行います。

「定められた保険点数の中で、切り盛りして高い保険点数のお薬や治療法を選ぶ」という事になるのですが、自由診療はその枠がありません。

自由診療では、その名の通り「治療費を自由に設定」できます。

例えば真性包茎の手術費をAクリニックでは10万円、Bクリニックでは25万円、Cクリニックでは50万円というような提示をすることは自由なんです。

ここで注意しておく点がひとつ。

一般の優良な包茎クリニックであれば料金は明示してあり、追加料金はかかりません。

自由診療で包茎手術の金額がバラバラであっても、きちんとカウンセリング・診察して手術法を決めた際に、同時に必要な手術費用の金額を提示してくれるんです。

焦点になってくるのは、事前に聞かされずに手術してしまって、手術後に初めて金額を請求されるパターン。
「聞いていた料金とは違う!」「何このバカ高い値段は!」
釣り上げられて、法外な治療費用を請求されて、払わなければ。。という事です。

やはり事前に料金を提示されるクリニックが安心

大手の包茎クリニックでは、専門病院で全国展開もしているので信用第一で運営していて、こういう悪質な事例は聞いたことがありません。

悪質な手口を使うのは、割と大きくないクリニック・特定の地域で起こっているような小さいクリニックが多いかもしれません。
※もちろん小さいクリニックの全てが悪いわけではありません。

手術に使う医療用品や薬品・アフターケアも最初に含まれている

手術で使う麻酔であったり、術後のアフターケアなどについても手術料金に含まれるのが一般的です。

しかし一部の包茎クリニックではきちんとした料金の説明もないままに話が進みます。
ここで確認を怠っていると、手術をした後からあれもこれもと請求されてしまうのです。

他にも格安で手術できるのは条件付きのものだけであり、その条件を満たさない手術だと高額な請求になるケースもあるようです。

どうすれば値段の釣り上げに対処できる?

対処方法としては料金についてきちんと確認をとることが一番です。

包茎クリニックでは手術を行う前にかならずカウンセリングが行われます。
その時にどういった手術をするのか、それにかかる料金にはどんなものがあるのか説明をしてくれます。
ここで疑問点などがあればきちんと確認をしてください。

不明な料金や疑問点などを残したまま契約をしてしまうと、後から請求されても文句が言い難くなってしまいます。

契約書を交わすようになっている

また、契約内容に関することであれば口約束だけではなく、担当スタッフから署名をつきで一筆もらっておくと安心です。

カウンセリング時に料金を明確にしない包茎クリニックであれば、無理をしてそこで受ける必要もありません。
包茎治療を行うクリニックはとても沢山ありますので、他院に行けばすむ話です。

また、きちんと説明がなされたにしても契約書に明記されていないケースもあります。

説明をされると納得して契約書に判子を押してしまう人も多いのですが、必ず最初から最後まで一度は目を通すようにするのも、法外な治療費を請求されないための対策です。

不審な点などがあれば再度確認をしたり、他院での手術も視野に入れておくべきでしょう。

→詳しくはこちらから質問できます