失敗のコンプレックス

包茎は男性にとっては大きな悩みの1つであり、それを解消するために手術を真剣に考える人は少なくありません。

しかし、包茎手術は失敗してしまう可能性があるものです。
包茎手術で失敗をした事を考えると、さらなるコンプレックスを抱いてしまっても不思議ではありません。

包茎手術の失敗と心の問題について

包茎をコンプレックスに思う男性は多くいらっしゃいます。

そもそも日本人男性の7割が仮性包茎だと言われるくらいですので、かなりの人数がコンプレックスを抱えていると言って良いでしょう。

軽度の仮性包茎の人であれば、そこまで深刻な悩みにはなりませんが、仮性包茎でも重度の方や真性包茎、カントン包茎ともなれば話は変わってきます。
コンプレックスは大きいものです。

銭湯などの公衆浴場などで堂々と入浴できないのは良くある話です。

他にも包茎を気にしてしまって、女性と深い仲になれない悩みもあります。

こうしたコンプレックスを解消するために包茎手術を行う人も多くいますが、そこで失敗をしてしまうとさらなる悩みを抱えてしまうのは想像に難くありません。

ツートンカラーが恥ずかしい

特に包茎手術の失敗例で多いのが見た目に関するものです。

明らかに包茎治療を行ったとわかるような傷跡であったり、ツートンカラーと呼ばれる状態になると余計に恥ずかしく思ってしまうでしょう。

同性である男性に対してもそうですし、異性である女性に対してはもっと深い悩みを抱えてしまいます。
最悪のケースでは心因性の勃起不全を発症してしまい、性行為だけではなくマスターベーションについてもできなくなる可能性があるのです。

心の問題を解決するにはどうすれば良い?

包茎手術の失敗においてさらなるコンプレックスを抱えてしまった場合、どうやって解決をすれば良いのかを考えると、1つの選択肢として修正手術を受ける方法があります。
修正手術とは他の医療機関で受けた包茎手術の失敗を修正してもらう手術を意味します。

修正治療で解決するケースが多い

すべてのケースに対応しているワケではありませんが、コンプレックスの原因そのものを解消できる方法でしょう

修正手術を行うにはお金が必要ですし、もとの包茎手術よりも高い料金がほとんどです。
しかし心の問題をこの先一生抱えていく事を考えると、解消できるのならある程度の費用を支払うことも検討した方が良いでしょう。
自分の失敗は元に戻すことができないと諦めてしまう人も多いですが、修正手術という手段もあります。
まずはカウンセリングを受けるなど相談してみることをお勧めします。 →詳しくはこちら