泌尿器科の先生

包茎治療は専門クリニックのみで行っているワケではなく、一般的な泌尿器科でも受けることができます。

一応、総合病院や大学病院の泌尿器科や形成外科・美容外科でも包茎治療は可能です。

特に真性包茎の人であれば、保険診療で治療を受けれて、自己負担金も少なくなります。
しかし悪質な泌尿器科を選択して、後悔するケースも存在すると噂されています。

泌尿器科を選択して後悔することって?

一般的な泌尿器科に相談することで後悔するケースは2つあります。

実際に泌尿器科で包茎手術を受ける事でのデメリットをご紹介していきます。

1つはプライバシーの配慮という点

そもそも男性にとって下半身の問題は、とてもデリケートで、いくら医師でもなかなか相談しにくいものです。

しかし先生にとっては、たくさんある泌尿器科系の疾患の一つ。

  • しかも命に別状のない経度の病状という認識

多くの泌尿器の先生は、包茎手術の患者さんを軽く見ているように感じます。
※決して全員ではありません。素晴らしい泌尿器科の先生もいらっしゃいます。
しかし「少なくない」認識です。

だから専門クリニックのようなプライバシーの配慮がない所が多い

一般的な泌尿器科では、待合室でほかの人と一緒であったり、女性スタッフがいるなどすれば、どうしても気後れしてしまう男性がいても不思議ではありません。

診察時には、多くの外来看護師に知れ渡ります。

泌尿器科では通常の診察室で問診を行いますし、泌尿器科の先生が女性ならばその時点で恥ずかしいものです。
折角勇気を出して泌尿器科に行ったものの、女性スタッフがいることで相談もできずに帰ってしまったという人もいるはずです。

専門のクリニックでは完全予約制で他の人とは顔を合わせないようになっていたり、スタッフは男性のみとしているクリニックが基本です。

もう1つのケースが術後の手術傷の仕上がり。

確かに泌尿器科でも包茎手術を行っていまずが、先ほどの配慮の面で見た目よりも機能性に重点をおいた治療を行います。
機能的に問題がなければOK。という感覚ですね。

安全に手術を終わらせられるか?が一般的な泌尿器科の手術であり、ここでも配慮足らずです。
泌尿器科は確かに手術費用は専門のクリニックよりも安値ですが、意外を傷口が残って他人に解ってしまう恐れのあるのが泌尿器科です。

包茎手術の手術はやはりデリケートです。
より傷口が目立たないようにする配慮は、一般の泌尿器科より専門クリニックの方が段違いです。

専門クリニックの方が経験も知識も配慮も数段上と考えても良いでしょう。

手術跡が目立たないのは専門クリニック?

やはり包茎手術に求める事は「安全性」と「仕上がりの見た目」の2点です。

しかし残念ながら泌尿器科では見た目の仕上がりにこだわることはできません。

よく包茎手術の失敗例でツートンカラーなども聞かれますしね。

やはり包茎治療専門のクリニックが全てにおいてお勧め

専門クリニックでは手術跡の傷をいかに目立たせずに、自然な状態に見えるのかを研究した手術を行っています。
泌尿器科よりも包茎治療専門の実績と信頼のあるクリニックを当サイトではお勧めします。