包茎矯正器具

やはり包茎はデリケートな問題で、出来れば病院に行かず治療したいと考える時も少なくありません。
その場合によく利用されるのが包茎矯正器具です。

実は包茎矯正器具にも様々な種類があり、少なからずトラブル例も報告されているのが事実です。

包茎矯正器具を利用した包茎治療って?

トラブル例を見る前に包茎矯正器具を使った治療方法を紹介します。

矯正器具で最も代表的な治療方法は、包皮にむきぐせをつける器具です。

  • リング状になっている矯正器具
  • ゴム状の矯正器具
  • 下着の内側にリングがついている矯正器具

包茎矯正器具には様々なアイテムがありますが、いずれも用途は同じです。
包皮を手でむいておき、その状態で固定するという形の包茎矯正器具です。

他にも包茎矯正器具で有名なもので、人体に害のない高純度のシリコンを利用したシールや、医療用の接着剤を利用した器具があるようです。

お分かりの方も多いでしょうが、これらの矯正器具は基本的に仮性包茎の治療に用いられます。

真性包茎やカントン包茎の人に対応する矯正器具はほとんどありません。

総合的に見ると、病院で行っている切らない包茎治療に似たものです。

しかも言い方は悪いですが病院での治療の劣化版です。
その効果については個人差が大きく、一概に期待できるものではないでしょう。

軽度の仮性包茎ならチャンスがあるかもしれませんが、包茎矯正器具ではそれでも改善できるまでに年単位で時間がかかるそうです。

包茎矯正器具を使ったトラブル例には何がある?

包茎矯正器具とは医療的な根拠があって行われません。
矯正器具を使ったことでトラブルになる例も少なくないのです。

最も多いケースがむきぐせをつける器具を使ったところ、勃起時にうっ血した事例です。

男性の陰茎は勃起するとサイズが変わり、リングを装着したままだと必然的に締め付けられます。
勃起が治まれば自然とうっ血状態も治るのですが、医学的な安全が保証されていないので仕方のないことでしょう。

他にも陰茎が炎症を起こした、傷がついたトラブル例は多く報告されています。
そもそも包茎矯正器具での治療には即効性がなく、治療期間も長くなりがちです。

そのため包茎矯正器具そのものが不衛生な状態になり、トラブルを起こしやすくなるようです。

包茎矯正器具を使った治療が悪いとは言いません。

しかし、効率面や安全面を重視するのなら最初から病院で手術を受けるべきです。
確かに医師とは言え、病院で陰茎を見せるのに抵抗があるのは分かります。
ですが、一生に一度のことなので勇気を出してみるべきです。