包茎を自分で切るのはダメ

包茎で悩んでいる男性の中には、いっそのこと自分で包皮を切ってしまおうかと考える人もいるかもしれません。
それはそれで怖い事ですが。。

包茎は男性の悩みの中でもデリケートで、なかなか他人には相談しづらいです。

病院にしても恥ずかしいので行く勇気がない人も多く、そうした人からすれば悩みを解消する手段として魅力的に映るのかもしれません。

日本では少ないですが、海外に目を向ければ割礼というものもありますし、覚悟を決めれば皮くらい切れそうだと思っても不思議ではないかもしれません。

包皮を切るという行為は非常に危険なので、自分ですることは絶対にしないでください!!

包皮を自分で切ってはダメな理由って?

包皮を自分で切ってはダメな理由としては1つに感染症の問題があります。

手術を行う時は部屋そのものもそうですし、手術前に医師は患部が感染症を起こさないように細心の注意を払っているいます。

ドラマなどで見かけたことがある人も多いでしょうが、手術前に医師が念入りに手だけではなく、肘あたりまでブラシで洗っているシーンがあります。

これもすべては感染症を防ぐために行われているのです。

感染症のリスク

仮に自分で包皮を切るにしても、感染症のリスクは避けることはできません。

結果、包皮の切除だけではなく性機能にも影響が出る可能性もあるでしょう。

もう1つの大きな理由は、包茎手術では包皮をどのように切るのか、綿密な計算を行ってからされている点です。

男性の陰茎は勃起時と平常時で大きくサイズが違ってきますが、そもそも包皮は勃起をした時に皮がつっぱらないようにするために長めに作られています。

こうした遊びの部分があるからこそ、勃起をしたとしても違和感を感じにくくなるのです。

しかし、単純に包皮を切れば良いという判断で切除してしまうと、短く切りすぎてしまうリスクがあります。
結果、勃起した時に違和感を覚えてしまったり、痛みを感じてしまうそうです。
酷い時には出血を起こすこともあるので、包茎治療を行うのであれば自分の判断ではしないようにしてください。

→包茎手術について詳しい情報を知る

自分で包茎治療を行うのはダメなの?

包茎治療と言っても様々なものがあります。

手術だけではなく、包茎治療グッズなども多く販売されており、それらの手軽さから魅力を感じている男性も多いはずです。

基本的に包茎治療グッズはあまりお勧めできません

何故なら治療効果があるかどうかが非常に曖昧だからです。

包茎の中でも特に軽度のものであれば、実際に治療効果が出ることもあるでしょうが、そうした人はほぼ露茎している状態と言えます。
つまり、グッズをそもそも使う必要がない人たちなのです。

ですので、包茎治療をするのなら手術が最も確実であると考えておいて間違いありません。

包茎手術体験談