手術跡が女性にばれる

包茎治療したことで自分に自信をもって、女性とお付き合いできる人も少なくありません。
しかし気になるのは、本当に包茎手術が女性にバレないのかです。

ここでは女性に包茎治療の手術痕がバレないためのテクニックを紹介します。

包茎治療の手術痕がバレないようにするには?

包茎治療とは男性にとって後ろめたいことではありません。
むしろ女性のために手術であれば誇って良いです。

しかし、男性からすると不思議とバレたくない心理が働きます。

そこで手術痕がバレないか気にしてしまうことが、女性に不審感を与えてしまう原因です。

そもそも包茎手術の接合部においてメスを入れる手術を選択した場合、少なからず手術痕は残ります。

その手術痕をいかに目立たなくするのかが、包茎治療のテクニックです。

基本的には堂々と!

女性にバレないテクニックの1つ目は堂々としていることです。
自分から性器を見せびらかす事はしなくても良いですが、女性に触れられたり、見られてもいつも通りでいてください。

逆にオドオドとしたり、避けたりすると女性も何かあったのかと思います。
バレたくないから、できるだけ接触するのを避けたい気持ちはわかります。
しかし逆効果でしかありません。

包茎治療が上手くいっていれば、余程のことがなければバレることはないので、安心して女性とお付き合いをしてください。

包茎治療の手術痕が目立つ場合は?

包茎治療の手術は100%成功するものではありません。
中にはクリニック選びに失敗して傷跡が目立ってしまうケースもあるでしょう。ツートンカラーも存在します。

その場合はバレないためにどんなテクニックがあるのか考えてみます。
手術痕が目立つケースとしても、まずはどの程度の傷跡が残っているのかが重要です。

実際にはバレる事は少ない?

例えばですが、一見しただけで包茎の手術痕が分かるレベルなら、ほぼどうしようもないです。
事に及ぶ時には部屋の電気を消すくらいの対応できないでしょう。
それでも見ただけで分かるレベルの手術痕なら、触られてしまうとすぐに女性にバレるはずです。

この場合、根本的に解決するには再手術を受けるしかありません。
包茎治療専門のクリニックには、他院での包茎手術の失敗をリカバリーするのをメインに据えているところです。

他院のミスをリカバリーするのは、さらに高度な技術が要求され料金的には高めです。
それでも女性にバレることを考えれば、再手術をしてもお釣りがくると考える人は少なくないです。