包茎手術の剥け方が不自然

包茎手術の失敗例で代表的な事例が、剥け方が不自然というものです。
剥け方のケースについては、一概に失敗とは言いがたい面も正解です。
やはり治療後に剥け方が不自然になるのは良い事ではありません。

では包茎手術後に剥け方が不自然になってしまうケースを詳しくみていきましょう。

手術後に剥け方が不自然になるってどういうこと?

包茎手術とはリスクが少ないように思う人も多いですが、身体にメスを入れる手術では少なからず存在します。
その中で最も代表的なのが、包皮の剥け方が不自然になるのです。
剥け方が治療前と変わってしまう現象ですね。

この剥け方のケースでは2通りの原因を考えることができます。

1つは手術を執刀する医師のミスによって起こったものです。

医師の失敗によるもの

剥け方の失敗としては、明確に失敗のケースで、医師の経験不足や技術不足が原因と考えられます。

剥け方の失敗のもう1つはそもそもの手術方法が失敗だったケースです。

包茎手術と言ってもメスを入れるだけでも数種類あり、さらにはメスを入れない手術を考慮すると、包茎治療には様々な手術法が行われています。

どういった手術を選ぶのかで、術後の仕上がりでも変わってくるので、安易に料金の安さだけで選んでしまっては、後々に後悔するでしょう。

例えばですが、包茎治療専門のクリニックが行っている最新の技術を使った手術と、大手泌尿器の医療保険が適用される基本的な手術の2つでは、大きな違いが出てきます。

この違いを術前に知っておき、どう選ぶのかが包茎手術には重要です。
最近では術前にカウンセリングを行い、そこで色々と説明がなされるはずですので、そこで不安や疑問を感じたのなら別のクリニックに行く勇気も必要です。

手術後にどう過ごすのかでも違ってくる?

包茎手術は手術が終われば、そこで全てが終了ではありません。
特に切る手術をした場合は、個人差もありますが術後1ヶ月程度は医師の指示に従って患部を自己管理する必要があります。

この自己管理が曲者であり、医師の指示に従わなかった、衛生管理ができていなかったなどが原因で、術後の経過が悪くなる可能性があるのです。

トラブルには種類がある

例えば、縫合した部分が変にくっついてしまう、感染症にかかるなどが代表的です。
つまり、術後にむけ方が不自然になるのは術後の過ごし方でも決まってくると言えます。

この場合、手術そのものは成功だとしても、術後のケアで失敗してしまったとなるので、一概に医師やクリニックのせいにはできません。

ですので術後にトラブルを起こさないためにも、自分で判断をするのではなく、医師の指示に従うことが重要です。

せっかく包茎治療が終えても、不自然に剥け方が不自然、剥ける事があるというのは失敗かもしれません。
生活の中で不自然さがあう、剥け方がおかしい場合きちんと専門クリニックに相談しましょう。