「手術による失敗」の記事一覧

包茎手術による失敗は実は少なくないようです。
確かに医学は日進月歩の進化を遂げておりますが、失敗になる事もあります。

手術跡が残って心理的ダメージの多い失敗

やはり多いのが傷跡が思ったより残っているという失敗です。

包茎手術自体は何度の高い手術ではないのですが、傷跡が残らないよう拝領するデリケートさは求められます。

  • 傷口が残らないようにする手術法
  • 陰茎のどの部分にメスを入れるのか?
  • 手術に使う糸はどのような糸を使うのか?
  • きちんとミスのない丁寧な手術をしているか?
  • 縫合は何針縫うのか?縫い目は細かいのか?

単に切って縫えば良いというものではありません。
きちんと手術を受ける包茎患者さんの心情を考えているか?という点が非常に求められます。

包茎手術で亀頭亀頭過敏症に?

手術による失敗
亀頭過敏症

包茎手術後に亀頭が敏感になる事例があります。 そうした症状を亀頭過敏症と言いますが、これは正しく手術が行われた証拠でもあるのです。 術後に亀頭過敏症になることで治らないのでは、と不安に思う人もいるかもしれません。 ここで・・・

失敗しても諦めない亀頭直下法の修正

手術による失敗
亀頭直下法

包茎治療において最も代表的な失敗例がツートンカラーです。 ツートンカラーは主に環状切開法の手術で、包皮の色が2色になって見える症状です。 見た目にハッキリと手術をしたことが分かりますので、コンプレックスになる男性も少なく・・・

ページの先頭へ