包茎再手術

包茎手術で陰茎が曲がってしまう失敗例があります。
この場合、再手術ができるのか気になる人も多いでしょう。
ここでは包茎手術によって陰茎が曲がってしまったケースにスポットをあててみます。

そもそも陰茎が曲がってしまう失敗ってなに?

包茎治療において陰茎が曲がってしまう失敗は2つに分けられます。

1つは包皮を切除した割合が左右で異なってしまうケース

勃起をすると、どうしても包皮を切りすぎてしまった方に引っ張れる形になります。

結果、陰茎が曲がって見えてしまうのです。
つまり、陰茎そのものが曲がってしまったのではありません。

正確には曲がって見えるという形なの?

男性の多くは陰茎がどちらかに曲がっていることが多いので、この程度であればあまり気にしなくても良いでしょう。

ただし、痛みや違和感があるのなら手術を受けた医療機関で相談すべきです。

もう1つのケースは包茎治療の手術ではなく、陰茎の増大手術を行った時に起こるケース

一般的に陰茎の増大手術では脂肪やヒアルロン酸といった注入素材を利用するのですが、注入時にバランスを考えていないと偏りができてしまいます。

結果、陰茎が曲がったように見えてしまうのです。
このケースでは陰茎がいびつな形になるというのが正確な表現でしょう。

包茎手術で陰茎が曲がってしまった時の再手術はできるの?

包茎手術の失敗で陰茎が曲がった場合、基本的に再手術は可能です。
上で紹介したケースで考えてみますと、包皮の切除のバランスに問題があったのなら、左右同じようにすることでバランスを取ることができます。

短い方に引っ張られてしまうことが原因なので、そこを解消すれば問題なく機能する形です。
後者のケースでは注入素材のバランスが悪いことが問題なので、そこを解消することで対応できます。

やはり専門医に診察してもらうのが一番

いずれのケースであっても基本的には対処可能ですが、患部の位置など条件次第では再手術できないこともあるようです。

この点は担当する医師の技術面の問題もありますが、ともかく診断をしてもらわないことには話が進みません。
ある程度の問題ならスタッフとの相談で解決できるかもしれません。

しかし、最終的には患部を医師が診断しないと結論はくだせないでしょう。

包茎手術にはある程度のリスクはつきものなので、最初から失敗しないクリニックを選ぶことが大切です。

また、包茎治療をした後に何か問題があれば、素人判断をすることなく、すぐにクリニックへ相談してください。