保険適用内の包茎治療

包茎手術には健康保険を適用してもらえるケースがあります。
ただし健康保険が適用される手術は、術後の見た目を考えたものではありません。

実用性のみを追求した手術なので、治療を受けたことが一見して分かるのです。

そこで保険適用で手術を受けたのは良いものの、その術後の傷跡に満足できなかった場合は、再び保険治療で修正できるのかを考えてみます。

そもそも保険が適用されるのは飽くまでも病気として認定された包茎治療のみであり、見た目の手術に関しては保険の適用はないことが前提です。

そもそも保険が適用される包茎ってなに?

健康保険が適用される包茎とは、真性包茎もしくはカントン包茎のいずれかのみです。

真性包茎の場合、陰茎が不衛生な状態になりやすく、性感染症などのリスクも高いために病気の1つとして認定されています。

保険が適用になるのは泌尿器だけ?

ただし保険の適用を受けるのであれば泌尿器科を選択しなくてはいけません。

見た目についてもフォローのある美容外科での治療は、保険の適用がないからです。

カントン包茎にしても真性包茎と同様に病気として認定されていますので、同じく治療には保険が適用されます。

ちなみにですが、日本人に最も多い仮性包茎は病気と認定されていません。
つまり、仮性包茎の人は仮に泌尿器科で治療を受けたとしても保険の適用がありませんので、注意しておきましょう。

保険適用の手術で傷跡が残る可能性はあるの?

健康保険を適用して受ける包茎治療は、基本的に術後の見た目を考慮していません。

何故なら泌尿器科では病気の治療を行っているからであり、見た目などの他の要素については二の次としているからです。

これは健康保険の目的そのものにも由来することなので、術後の見た目を気にするのなら最初から美容外科を選択すべきでしょう。

疾病の治療か否かがライン

また、最初に触れたように保険治療で傷跡が残ってしまったとしても、その傷跡を治療することに保険の適用はされません。

何故なら病気の治療ではないからです。

良くあるトラブルとしてはツートンカラーになったり、傷跡が目立ってしまうというケースですが、これは保険治療をするならセットと考えてください。

確かに健康保険の適用を受けられるのは魅力でしょうが、見た目を気にするのなら最初から包茎治療専門のクリニックで治療するのも選択肢の1つです。

保険適用の手術のデキに納得がいかず、美容外科で再手術を受ける人は多いのですが、余計にお金の負担が増えてしまうだけなので、最初から見た目も考慮した上で治療をしてくれるクリニックを選んだ方が良いでしょう。