包皮小帯温存法

包茎手術には包皮小体温存法というオプションがあります。

オプションと書いたのは、包皮小体温存法そのものを手術ではなく、既存の手術方法とあわせて行う包茎手術にすることが多いからです。

包皮小帯温存法は手術の1つとして耳馴染みがないかもしれませんが、包皮小体温存法で傷跡は残るのかを調べてみました。

包皮小体温存法っていったいどんな手術?

一般的な包茎手術は、包皮を切除する時に輪っかの形で切り取るようにしています。
どんな手術でもほぼ同じことを行っていると考えてください。
しかし、この輪っかにして包皮を切除する時に起こる問題が1つあります。

陰茎の性感が低下してしまうリスク

主に亀頭直下埋没法を行った時に起こりうるリスクとして、亀頭の裏筋部分を切除してしまう理由があります。
裏筋部分には触覚を司る細胞が集まっており、特に性的な快感を感じやすい部分でもあるのです。

輪っか状に包皮を切除する場合、どうしてもこの裏筋部分にもメスを入れることになるので、通常の手術のままでは性感が低下するのです。

デメリットをなくすために考案されたのが、包皮小体温存法
包皮小体は裏筋部分で切除せずに包皮を切り取る方法です。

包皮小体を避けて切除するので、手術の傷跡がVの字のようになり、Vカットという呼称が使われるようです。

包皮小帯温存法は独立した手術術式より、亀頭直下埋没法と併用して使われることがほとんどで、各病院で呼び名が変わることもしばしばあります。

包皮小体温存法で傷跡は残るの?

そもそもの前提として包茎手術は、メスを入れるものであれば大なり小なりの傷跡は残ってしまうものです。

ですのでまったく手術跡が残らないようにするには、切らない手術を視野に入れておく必要があるでしょう。

包皮小体温存法にしてもメスを入れる手術なので傷跡そのものは残ります。

しかし亀頭直下埋没法のように目立ちにくく、包皮小帯温存法の仕上がりとしては自然になるようです。

包皮小帯温存法は基本的に亀頭直下埋没法のデメリットを解消するためのオプション手術という立ち位置で、縫合部分にしても亀頭のくびれ部分で上手く隠すことができるはずです。

どこまで目立ちにくくなるのかは、各病院で執刀する医師の腕によっても違ってきますので、傷跡をできるだけ残さないようにしたいのなら最初の病院選びが大切になってくるでしょう。