亀頭直下埋没法

包茎治療手術の中でも画期的なのが亀頭直下埋没法です。

そもそも包茎治療に用いられる手術は一定のものはなく、現在の見た目や性機能などに頓着しないものでした。
そうした中で最も代表的な手術が環状切開法で、一昔前までは主流になっていました。

このため包茎治療のイメージはネガティブなイメージが多かったのですが、それを打破したのが亀頭直下埋没法です。

それでは詳しく亀頭直下埋没法についてご紹介します。

亀頭直下埋没法はどんな手術なのか知っておこう

従来の手術である環状切開法では亀頭の数センチほど下の部分を切開し、包皮を切除する形をとっていました。

それが原因でツートンカラーになりやすく、亀頭は露出したとしても見た目に大きく問題が残っていたのです。

このデメリットを埋めるのが亀頭直下埋没法です。
亀頭直下埋没法は包皮を切除する部分を亀頭のすぐ下にすることで、手術の傷跡を目立ちにくくするのを目的としています。

通常時でも目立たない

亀頭の傘になっている部分が傷跡を上手く隠すように包皮を切除するので、勃起時だけではなく通常時でも手術痕が目立たないのです。

この治療手術では包皮を切除しすぎるリスクを低下させます。

包茎の治療手術では包皮を切りすぎたことによって、包茎手術後の勃起時に痛みが出るの弊害が起こることもありましたが、亀頭直下埋没法ではかなり軽減できます。
亀頭直下埋没法により、安全で目立たなくなりました。

亀頭直下埋没法の失敗例や注意点はあるの?

亀頭直下埋没法における失敗例として代表的なのが包茎手術による性的快感の低下です。
手術をする場所が亀頭にほど近いところになるのですが、実は感覚器官が多く集まっている部分でもあるのです。

結果その感覚器官を切除してしまうと、性的な快感を感じにくくなってしまいます。

最悪のケースでは不感症になるようです。

熟練のドクターでは亀頭直下埋没法をたくさん行っているため少ないですが、一般泌尿器や形成外科では亀頭直下埋没法は行っていないので気を付けましょう。

亀頭直下埋没法ほど医師の技術が求められる手術はない

勿論のこと、包茎治療専門のクリニックでは性的な快感が薄れないように手術をしてくれるのですが、初回のカウンセリング時には亀頭直下埋没法について良く相談しておくことをお勧めします。

注意点としては亀頭直下埋没法の術後の経過において、縫合部がほどけてしまわないように生活することです。

基本的にどの包茎治療手術にも該当することかもしれませんが、特に亀頭直下埋没法では縫合部に負担をかけないようにすることが重要です。

手術後に性交やマスターベーションができるまでは1ヶ月程度とされていますので、その間は医師の指示に従って我慢するようにしてください。

縫合部がほどけてしまうと、再手術をしなくてはいけなくなるでしょう。
亀頭直下埋没法といえども手術後の行動制限には注意しましょう。