包茎治療後の接合部

包茎治療後に気になる事の一つに、いつまで接合部が腫れるのか?という事。
包茎手術には切る手術と切らない手術の2つがありますが、切る手術の術後の経過に重点をあてて解説していきます。

→包茎手術に失敗しないために

包茎治療後の接合部はいつまで腫れるの?

前提として包茎治療後の回復具合には大きな個人差があります。
一概にこのくらいの期間があれば確実に腫れがひく期間はなく、一般的な目安としての数字と理解しておいてください。

では腫れが引くまでの期間ですが、手術後およそ3週間程度はかかるようです。

手術をした翌日から1週間弱程度は傷口からの出血もあり、暫くの間は痛みなどが断続的にあるでしょう。

2週間3週間と経過することで、少しずつ痛みも緩和されていき、だんだんと違和感を感じるのは少なくなるようです。

術後の傷跡が完治したと判断されるのは、およそ1ヶ月後程度だと考えてください。

勿論、手術の内容や回復の具合は個人差が大きく関与しますので、自分で判断するのではなく、医師の指示に従うようにしてください。

術後の注意点ってなにがあるの?

包茎治療を行う前のカウンセリングや術後にも、医師から説明があるかとは思いますが、いくつか注意点を紹介しておきます。

医師の判断に従わなかった場合、手術の仕上がりが不自然になってり、感染症などを引き起こすので、決して甘くみないようにしてください。

では具体的な注意点ですが、術後1週間までは激しい運動は避けた方が良いでしょう。

また、自転車に乗るなど局部を圧迫するような行為も禁止になります。

バイクなどにしても振動が股間に伝わりますので、避けた方が無難です。

清潔にすることが大事

包帯や患部を保護するガーゼは毎日交換して、清潔を心がけてください。
手術の種類や回復具合によっては1週間が経過する頃には、患部の防水は必須ですがシャワーなどを浴びれます。
1週間後から先も基本的には安静にしながら過ごすようにしてください。

3週間~1週間をメドに

シャワーではなく入浴ができるのは、およそ3週間ほどの経過が必要です。
1ヶ月ほど経過すれば入浴も可能になるようです。

マスターベーションやセックスは、ほぼ1ヶ月程度は我慢しなくてはいけません。
勃起すること自体は抑えようもありませんが、抜糸が終わるまでは禁欲生活が続くと思って良いでしょう。

若い男性ですと、かなり厳しい事になるかもしれませんが、ここで医師の指示に従わなかった場合はリスクが高まりますので、十分に留意しておいてください。

→詳しくはこちらからご参照ください

包茎手術の失敗