ナチュラルピーリング

包茎手術は包皮を切るものと想像しがちですが、実はメスを入れない切らない包茎手術も存在しています。
代表的なのがナチュラルピーリング法です。
ここでは切らない包茎手術・ナチュラルピーリング法のトラブル例を紹介してみましょう。

まずはナチュラルピーリング法を知ろう

ナチュラルピーリング法とは医療用の糸を使って包皮を縫い合わせてしまい、亀頭が常時露出する状態を作る方法です。

包皮を切除しなくても長時間亀頭が露出する状態を作ることによって、皮がむけている状態をクセにしてしまいます。

結果、包茎を改善できる形になるのですが、ナチュラルピーリング法はそもそも仮性包茎の人にしか使えない特徴があります。

余った包皮を切除しないという性格上、真性包茎やカントン包茎の人には対応していません。

軽度の仮性包茎だけ?

また仮性包茎でも軽度の人以外は、大きく効果は期待できないようです。
反面でメスを入れる手術の時の術後の痛みが軽減されたり、包茎手術費用が安価であるとメリットも存在します。
他にも仕上がりが気に入らなかったとしても、簡単に元に戻すことができるのも特徴でしょう。

ナチュラルピーリング法によるトラブルは?


代表的なトラブルとしては包茎が改善できないケースでしょう。

上でも述べたようにナチュラルピーリング法は包皮を切除しません。

ですので、もともと仮性包茎でも通常にある程度は亀頭が露出する軽度の人でないと、クセをつけたところで元に戻ってしまうのです。

いくら手術費用が安価でも、手術そのものの意味がなければトラブルになってもおかしくありません。

別のトラブルとしては抜糸していないのに、糸がほどけてしまうものです。

ナチュラルピーリング法で扱う糸には大きく2種類あります。

1つは通常の包茎治療にも用いられる糸で、抜糸する必要のある糸です。

もう1つは時間経過とともに体内に吸収されていく糸で、こちらは抜糸の必要がありません。

特に後者の糸を利用した場合、前者の糸よりも強度が不足することが多く、あまりに無茶をしていると、せっかくの縫合部がほどけてしまう可能性が高いのです。

また、自然に糸が溶けていってしまうので、場合によっては糸で止めていた包皮がクセの付く前に戻ってしまうリスクも考えられます。
ナチュラルピーリング法は切らないですがこのような事例もあります。

手術の負担が少なく、金銭面でも安価であると切らないメリットも大きいナチュラルピーリング法ですが、トラブルの元になるデメリットもあります。
事前に医師と相談の上で利用するかどうかを決めてください。

ナチュラルピーリング法は限定された包茎治療になるので、大きな期待をかけるのは良くないかもしれません。