ペリカン変形

包茎手術の失敗にペリカン変形があります。

ペリカン変形とは亀頭の裏側部分が膨れてしまって、横からはペリカンの口のように見えるので、ペリカン変形と呼ばれています。
この手術跡は治療できるのかを調べてみました。

→相談する人が増えている包茎クリニックって?

ペリカン変形は自分で治療できるの?

包茎手術後に何かの問題が起こった場合、手術を受けた医療機関への連絡が一般的です。

「そこでペリカン変形になっているようですが」と相談をすると入浴時のマッサージで治療できるとアドバイスを受けるそうです。

まずこのアドバイスが正しいかどうかなのですが、治療についてまったく根拠がありません。

何故ならペリカン変形は修正手術でしか、根本的な治療はできないからです。

なぜペリカン変形が発生するのか?

そもそもペリカン変形がどうして起こるのか?

包皮の余りと切除したラインの切り口があっていないことに原因があります。
靴下の足を入れる部分を縫い合わせると想像してみてください。

この時、同じ直径の靴下同士であればきれいに開いた部分を縫い合わせますが、直径の違う靴下ではどうでしょうか。
開いた部分の大きさが合わないので、どうしても縫い口がいびつになってしまいます。

いびつな形がペリカン変形を促進

このいびつになった部分にリンパ液などがたまり、ペリカン変形が起こっているのです。

つまり、ペリカン変形はマッサージで解消しても一時的であり、また時間の経過とともに変形部分が大きくなってしまいます。
ペリカン変形を根本的に治療するには修正手術を受けるしかないのです。

ペリカン変形の治療はどこで?

仮にペリカン変形を起こした場合、どこで治療してもらうか?

代表的なケースとしては修正手術に力を入れている包茎治療専門のクリニックです。

近年では包茎手術のトラブルも多くなり、そうした現状を鑑みて技術力のあるクリニックは修正手術を行う機会が増えています。

ペリカン変形の治療にも対応するクリニックは比較的に少ないのですが、ともかくは相談することから始めると良いでしょう。

修正手術を行っていても、場合によってはペリカン変形は対応できないケースもあるので、複数のクリニックに相談を持ちかけるようにするのが基本です。

ペリカン変形の修正手術は一般的な包茎手術よりも治療が難しいことから、料金的にも高めになってしまう面はありますが、そこは必要経費であると割りきるしかありません。

上野クリニック

上野クリニック