陰茎根部切除法
陰茎根部切除法という包茎手術があります。
あまりポピュラーな手術方法ではなく、陰茎根部切除法を聞いたことがない人も多いかもしれません。
この陰茎根部切除法を受けた場合にどんな弊害が起こるのかについて調べてみました。

陰茎根部切除法について知っておこう

陰茎根部切除法とは、その名の通りの手術です。

陰茎の根元部分で余っている包皮を切除するといったシンプルな方法です。

術式の形としては環状切開法に近いものです。
ただし包皮を切除する部分が陰茎の根元になりますので、陰茎根部切除法は手術の傷跡を陰毛部分で隠すことができるのです。

ツートンカラーになりにくい

陰茎根部切除法は根元部分で包皮を切除することからツートンカラーのように大きく色が違って見えることもないので、手術としてはメリットが多いです。
しかし陰茎根部切除法は誰でも行える手術ではなく、仮性包茎でも軽度から中度くらいの人しか適用できないものなのです。

真性包茎やカントン包茎、仮性包茎でも重度の方は、手術そのものが行えない理由が、陰茎根部切除法がポピュラーになれない原因かもしれません。

さらに言えば、陰茎根部切除法を取り扱いしている医療機関も少ないので、手術を受けられる病院そのものを探すのも大変でしょう。

陰茎根部切除法を受けることで起こる弊害ってなにがある?

陰茎根部切除法の最も代表的なケースとして手術後に何年か経過すると、包皮が伸びてしまってまた包茎の状態に戻るかもしれない点です。

基本的に包皮の切除はすると言っても根元部分になるので、マスターベーションの仕方によっては、また包皮が戻ってしまうそうです。
折角、包茎手術を受けたのに元に戻ってしまっては意味がありません。

特にマスターベーションの時には包皮を伸ばすように行う人は注意が必要だと言って良いでしょう。

もう1つの弊害としては術後の管理が難しい点です

陰茎根部切除法で行った場合、根元部分はどうしても包皮の中では動きの多い場所でもあるので、腫れなども長引きやすいと言われています。

また、術後のシャワーや入浴にしても患部を濡れにくくするのが困難ですし、長期間にわたって入浴できなければ衛生面でも問題が出やすいでしょう。

結果的に感染症などのリスクが高まってしまいますので、医療機関としてもなかなか取り扱いがないそうです。

陰茎根部切除法は手術の術式としては優れたものかもしれませんが、術後の管理であったり、治療効果という点では疑問が残る面も多いというのが、陰茎根部切除法の弊害になります。
仮に陰茎根部切除法を受けたいのなら、事前のカウンセリングでしっかりとデメリット部分なども聞いておくべきです。

上野クリニック