性的快感の低下

包茎治療をした後に、性的快感が低下してしまったという事例があります。
やはり包茎手術が怖い理由の一つとして、性的快感の真偽が気になる人も多いかもしれません。

性的快感に関して結論をお伝えすると「イエス」「ノー」の両方です。
性的快感はどうして曖昧な答えになってしまうのか?

包茎治療で性的快感が解消できる可能性もあるからです。

包茎治療後に性的な快感が低下するのはなぜ?

包茎治療後に性的快感が低下する理由は大きく2つ。
それは包茎治療をする時に性感帯を損なってしまうケースと亀頭が露出することです。

※性感帯を損なう情報は下記リンクより情報が掲載されています。
→包茎治療をする時に性感帯を損なってしまうケースの詳細ページ

そもそも陰茎は粘膜部分で敏感ですが、特に包皮小体の部分には感覚器官が集中しているそうです。
性的快感の低下の原因について詳細をお伝えします。

性的快感の低下を招く

性感帯を損なう

包皮小体とは裏筋ですが、手術する医師の技術不足や手術方法によって切除される可能性があります。

結果、陰茎の中で最も敏感な部分が切除されてしまい、全体的に性的快感が低下してしまう話になります。

手術方法によっては切除されるリスクも高くなるので、事前のカウンセリング時に必ず相談するようにしてください。

望んで性感帯である裏筋を切られたい人はいませんが、医師によっては詳細な説明を省いてしまうので、注意しておきましょう。

場合によっては不感症に繋がるので、意外と包茎治療でも重要なポイントになってくるはずです。

亀頭が露出することで性的快感が低下するの?

亀頭が露出で起こる性的快感の低下

包茎の場合、亀頭は包皮に包まれ、どうしても粘膜部分への刺激に弱くなってしまいます。

しかし包茎治療によって亀頭が露出するようになると、粘膜だった部分が少しずつ皮膚化していくのです。

下着にこすれたり、外気やお湯など様々なものに触れることで、亀頭の部分が少しずつ鍛えられていくと考えてください。

早漏が治療される結果に?

結果は敏感だった部分も少しずつ感度が下がっていくので、ある意味では性的な快感が低下したと言えるのかもしれません。
性的快感には若い年代こそ敏感。
ですがこのケースに関しては正常に包茎治療が行われた証拠でもあり、健康な男性の陰茎なら当たり前です。

結果的に早漏治療にも繋り、不感症になる心配は必要ありません。

必要以上に敏感だったものが改善された程度にすぎないからです。
性的快感はそういう意味合いも含まれます。

包茎手術による性的快感が低下は、手術ミスでなければ外気や刺激に触れて鍛えられます。
亀頭が鍛えられている証拠かもしれませんね。