包皮で再手術

包茎手術をしても包皮がかぶったままという失敗例があります。
ただ包皮がかぶったままでも、どの程度かで大きく包茎治療の対応が違ってきます。
では手術後に包皮がかぶってしまう原因はどこか考えてみます。

包茎手術をしたのに包皮がかぶったままになる原因は?

包茎手術をしたのにもかかわらず、包皮がかぶったままの原因は、医師の見込みが甘かったのが最も大きいです。

包茎手術を行う前には包皮の長さや陰茎の大きさを図り、どの程度の包皮を切除すればベストなのかを計算します。

しかしこの計算が上手くいかなかった場合、もしくは計測に不備があれば、包皮の切除が甘くなってもおかしくありません。
結果、手術をしたのにまだ包茎である話につながってきます。
反対に包皮を切りすぎてしまうケースもありますが、勃起時にはつっぱりを感じてしまったり、時には痛みの発生も存在します。

手術後には亀頭が通常時も露出しているのがベストな状態

包皮が少しかぶったままになる程度でも、包皮を切除する再手術することは可能しょう。

何故なら明らかに医師のミスで起こったもので、アフターケアの一環として再手術を要求できるのです。

ただし医療機関によっては再手術をしていないケースもあり、この場合は他の包茎クリニックで再手術を受ける必要があります。

包茎手術後に自然と包皮がかぶることも?

包茎手術をした後にベストな状態でも、時間が経過することでまた包皮がかぶってくるケースも。

そもそも人間の皮膚は伸びるので、自然と包皮がかぶってくることがあるのです。
良くダイエット番組ですごく太っていた人が、急激に痩せるとお腹の皮膚が余ってしまう映像があります。

それと同様に包皮も自然と伸びてしまうものと考えてください。
この場合、手術の時点では医師にミスはありませんので、責任を問うこともできません。

皮オナニーも注意です

時間経過とともに包皮がかぶってくる大きな原因が、いわゆる皮オナニーです。
一般的なマスターベーションでは亀頭を露出させた状態で行うもので、包皮が伸びることはありません。

しかし、術後も以前からのクセで包皮を引っ張るようにマスターベーションすると、少しずつ伸びていってしまうのです。

1回や2回程度でどうこうという話ではなく、何年何十年の単位の話になりますので、日頃から気をつけることが大切です。