亀頭直下法

包茎治療において最も代表的な失敗例がツートンカラーです。

ツートンカラーは主に環状切開法の手術で、包皮の色が2色になって見える症状です。

見た目にハッキリと手術をしたことが分かりますので、コンプレックスになる男性も少なくありません。
そこで失敗したと諦める前にツートンカラーの修正術を紹介しておきます。

ツートンカラーの修正術、亀頭直下法とは?

そもそも環状切開法でツートンカラーになる理由は包皮の色にあります。
包皮とは陰茎の表面部分を覆う外板と、皮膚に密着している内板に分類できます。

自身の陰茎で確認してみると早いのですが、外板は皮膚と同じ色をしており、内板は薄いピンクです。
包茎手術では包皮をむいた状態で切除し、外板と縫合するのでどうしても内板との色が差が出ます。

特に環状切開法は陰茎の中央部より、やや亀頭寄りの箇所を切開しますので、非常に傷跡が目立ってしまいます。
この状態をツートンカラーと呼ぶのです。

亀頭直下法と失敗の修正方法

では具体的にどう修正するのか?
まずは勃起時に余っている包皮の内板を切除し、残っている外板を亀頭直下で縫合します。

包皮は裏と表の二重構造になっており、内板だけを切除しても問題ないのです。

外板のみとなった包皮は色味が違うということもありませんので、ツートンカラーになる心配は不要です。

手術跡が目立ちにくくなる

また亀頭の直下で縫合することにより、縫合部分が亀頭のくびれで隠れ手術跡が目立ちにくくなります。

すべてのデメリットを覆すことができるので、非常にナチュラルな見た目に仕上がるのです。

これがツートンカラーの修正術である亀頭直下法です。
言葉では簡単に書けてしまいますが、実際にはかなり高度な技術が必要になります。

亀頭直下法の修正術はどこの病院でも受けられる?

先ほど述べた通り、亀頭直下法によるツートンカラーの修正術は高度な技術が必要です。

ですので包茎治療専門のクリニックでも対応しているのは一部です。

多くのクリニックでは、自社のウェブサイトで対応している手術の紹介をしているので確認してください。

基本的に修正手術を行っているクリニックは技術力がある証拠でもあります。
もう2度と失敗したくないと思うのなら、事前にしっかりと相談すべきです。

修正治療という選択

ツートンカラーの状態によっては別の修正術がとられる可能性もあるでしょう。

手術時間にしても一般的な包茎手術よりも長くなりますし、料金も高めの設定であることがほとんどです。

しかし諦めていた陰茎のコンプレックスが解消できるのなら、チャレンジするのも悪くはありません。